« 眠い 眠りたい | トップページ | テスタメントシュピーゲル2巻Kindle連載開始! »

2014年8月19日 (火)

仮面ライダーへの想い

 ガンダム好きな僕は仮面ライダーも好きです。昭和ライダー派です。平成は龍騎辺りまでは観てました。

 「仮面ライダー。それは、悪と闘う男たちの名である。彼等は、改造人間という哀しみを乗り越え、人間の為に闘うのだ!」「燃えろライダー!主題歌集」(VHS)より引用。


 世界征服を企む悪の秘密結社ショッカーによって本郷猛は改造されてしまいます。しかし、緑川博士の協力により、脳改造手術を受ける前に脱出に成功。その後、緑川博士は本郷を誘拐したクモ男に殺されてしまいます。そして、本郷猛は仮面ライダーとして、自らを改造人間という人ならざるモノへと変えたショッカーへの復讐の為、そして人類の自由と平和を守る為に闘う事になります。

 物心ついた時には京本政樹さんの顔が入ったおっきな仮面ライダーの人形が玩具屋にあったり、昭和ライダーのVHSがレンタルできたり、少年時代には真、ZO、Jを観たりしていました。気がついたら周りに夢中になれる日本のヒーロー(ウルトラマン含む)が居たわけです。1号2号の話は中学の時に再放送してました。こちらは90話超えてます。

 さて、バンダイの策略に嵌ったのか(仮面ライダーだけでなくガンダムもウルトラマンも好きだと後々バンダイの売上に貢献しだしますw)、それだけではなくて石ノ森章太郎さんの描いた作品が魅力的なものだったから、正義の味方と言えば仮面ライダーが脳裏に浮かぶんですねえ。僕はウルトラマンよりも仮面ライダーの方が好きです。等身大だから。幼い僕が少し大きくなった時に、仮面ライダーは一歩間違ったら自分も脳改造手術を受けてショッカーの尖兵となっていたであろう、言わば敵の中にいる自分の同胞達を殺している事、そしてそれは復讐でもある。そんなどこか暗い陰がある、そういう重いものを背負っている事を知ります。人間大だからこそ、そして勧善懲悪であるけれども、改造された哀しみと肉親を殺された憎しみ(風見志郎や神敬介など)など、決して綺麗なだけの正義の味方ではないのだ。どこか暗さを孕んだヒーローだからこそ、大人になってからでも好きでいられる。そんな気がします。僕は個人的には仮面ライダーは、キラキラして光沢を放つボディよりも、砂埃をかぶって汚れた光沢の無い、泥臭い方が好きです。

 石ノ森氏の描いた他のヒーローも、暗い一面がありますね。例えばサイボーグ009がそうです。彼等も望まぬ改造を受けてサイボーグにされます。仮面ライダーと似た境遇です。

 各仮面ライダーの改造の経緯をざっと纏めると
  • 1号:城北大学で秀才で文武に優れる本郷猛がバイクの特訓中にクモ男に攫われる。
  • 2号:1号ライダーを倒すために同じ仮面ライダーをショッカーが作ろうと一文字隼人を改造するも脳改造手術前に脱出される。
  • V3:家族をデストロンによって殺され、自身も重症を負った本郷猛の大学の後輩、風見志郎が、1号2号による改造手術を受け、仮面ライダーV3として復活。
  • ライダーマン:デストロンの優秀な科学者だった結城丈二が、自分の地位を脅かされる事を恐れたヨロイ元帥により、裏切り者として硫酸プールに落とされ、処刑されかけるも、脱出に成功。その際に失ってしまった右腕に、同僚達により改造手術を受け、ライダーマンとなる。デストロンに復習を誓う。
  • X:謎の組織GODによって重症を負わされてしまった神敬介とその父。瀕死の父は、息子の敬介を深海開発用改造人間、Xカイゾーグへと改造手術を施す。
  • アマゾン:ゲドンと闘う為、バゴーによって改造される。古代インカの超パワーを秘めたギギの腕輪をアマゾンで日本人の山本大介さんがバゴーから託される。
  • ストロンガー:城茂がブラックサタンに入り、自ら志願して改造手術を受け、電気人間となる。その後、脱走し、ブラックサタンと敵対する。タックル=岬ユリ子も共に闘う。
  • スカイライダー:筑波洋が改造される。ネオショッカーと闘う。(こちら、実は殆ど観た事がなく。どなたか教えて下さい。)
  • スーパー1:惑星開発用改造人間として沖一也が改造人間にされる。これはバックにNASAかそれに類する組織がいるプロジェクトによるもの。本人も同意の上。しかし、ドグマに研究施設を襲撃され、博士初め沖一也を除いて皆殺しにされてしまう。しかも初めは自分の意志では変身することが出来ない。
  • ZX:バダンによって改造手術を受けた村雨良が事故によって失った自我意識を取り戻し、バダンと闘う。
  • BLACK:南光太郎がゴルゴムによって改造手術を受け、キングストーンを埋め込まれ、世紀王ブラックサンにされてしまう。しかし、脳の改造を受ける前にバトルホッパーに跨がり、脱出に成功。ゴルゴムと闘う事になる。
  • RX:ゴルゴムとの闘いを終え平和な日々を送っていた光太郎は、クライシス帝国に囚われてしまう。クライシス帝国への協力を拒否した光太郎は、変身機能を破壊され、宇宙空間に放り出されてしまう。その時、太陽の光を受けたキングストーンは、新たな力を得た。南光太郎は仮面ライダーBLACK RXとして蘇ったのだ。
  • 真:風祭真がバッタの遺伝子を埋め込まれ改造された姿。(どう観ても怪人にしか見えませんが、彼は仮面ライダーです。そもそも仮面ライダーは怪人の括りに入りますけれどもね。)本作は当時VHSで観ました。
  • ZO:望月博士により麻生勝が改造された。劇場公開作品です。
  • J:かつて地球に降り立ち、恐竜たちを喰い尽くして去っていったというフォッグマザーが再び地球に訪れた。生け贄にされる少女を救うため、そして地球を守るため、フォッグマザーの怪人に殺されてしまったカメラマン、瀬川耕司が地空人により、Jパワーの戦士へと改造される。仮面ライダーJの誕生である。こちらも劇場公開作品です。ちなみに、Jは歴代で唯一、巨大化した事のある仮面ライダーです。
 真~Jは平成初期(90年代)に作られたものですが、便宜上は昭和ライダーに入るようです。今回の記事はここまでとします。

« 眠い 眠りたい | トップページ | テスタメントシュピーゲル2巻Kindle連載開始! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598224/60177098

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーへの想い:

« 眠い 眠りたい | トップページ | テスタメントシュピーゲル2巻Kindle連載開始! »

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


スポンサードリンク


無料ブログはココログ