« PSO2:ラッピースロット大当たり×3 | トップページ | 短期バイト »

2014年12月14日 (日)

CAD利用技術者試験

 どうも、こんばんは。キむryoです。

 今日は、「CAD利用技術者試験 3次元 2級」を受けてきました。だいぶ解けたなという感触があります。最後に慌てて書き直したら間違えてしまいましたが、1問くらいはどうという事ないでしょう。合格ラインは超えてるのでは?と思っています。公式ガイドブックを2周したのでそれなりに点は取れてるはずです。

 ※
CAD(Computer Aided Design:電子計算機援用設計)とは、「設計者が人間とコンピュータとの特性を活かしながら設計を進める技術あるいは技法のこと。」と公式ガイドブックに記載されています。つまりはコンピュータを使い、製品の3次元モデルおよび図面を作成する設計用ソフトウェアの事です。例としてはSolidWorks®や、CATIA®などが挙げられます。

 さて、本試験では、CADの概念や歴史、モデリング手法やモデルデータの活用法、またセキュリティも考慮した取り扱いなど、割と幅広く問われます。「3D-CADに触ったことがあるから勉強しなくても合格出来るかも?なぜならマークシートだし。」なんて思っていましたが、いざ公式ガイドブックをめくってみるとモデリング以外の部分も問われる事を知り、これを購入して勉強する事にしました。本を買ったのは夏頃でした。それからずっとコツコツと勉強したかというとそうでもなく、やはり期限が近づかないと身が入らないというのと、再就職活動もあり、中々進んでいませんでした。それを今月に入り、本番まで2週間を切った辺りから集中して勉強し、ガイドブックを2周し、前年度の過去問も解きました。

 合格の基準は、「各分野5割以上および総合7割以上の正解」です。公式ガイドブックを1周読んでみた上で過去問を解いてみたら合格基準を下回りましたが、巻末の用語を書き写すしたりもう一度過去問を解いたら基準を上回りました。本番でもある程度解けた感触はあります。ただ、「次のうち、正しいものはいくつあるか。」という問題についてはガイドブックを読んでも答しか書かれていないので、どれが正しいのか判らない(つまり正しい選択肢の数は載っているけどそれがどれで何故なのかが記載されていない)ので、本番でもどの選択肢が正しいのか悩みました。ここだけ不安です。上で最後に書き直して間違えたのもこの形式の問題です。

 CADについての理解を深め、自分なりにものづくり出来る状態に少しでも近づこうと勉強してみました。試験の結果が出るのはまだ先です。受かれば持っている資格が増えます。
 
 勉強に使った本です。

 
2級の勉強用に購入。
CADの成り立ちから扱い、周辺のツールやコンピュータ、そしとセキュリティなど多岐に渡り解説されている。CADを体系的に学ぶのに良い。
巻末には前年度の各級ごとの試験問題と解答も記載している。

« PSO2:ラッピースロット大当たり×3 | トップページ | 短期バイト »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598224/60810641

この記事へのトラックバック一覧です: CAD利用技術者試験:

« PSO2:ラッピースロット大当たり×3 | トップページ | 短期バイト »

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


無料ブログはココログ

スポンサードリンク