« 永遠に存続する企業なんて有り得ない:考え事 | トップページ | 中身の無い気がして:考え事 »

2015年5月 6日 (水)

博物館で藤原国包を見た

 今日は友人に誘われて訪れた博物館で藤原国包(ふじわらくにかね)を観ることが出来ました。

 国包(くにかね)は仙台藩お抱えの刀工だそうです。藤原国包 は本郷国包系の12代目だと解説がありました。

 他にも、包吉 かねよし 阿部包吉系 仙台藩お抱えの刀工の一。と解説されたものがあり、国包以外にも仙台藩お抱えの刀工が居たことを知りました。

 展示されているものの中に、太刀 銘 藤原国包 とあったのは幸運です。また機会があれば、国包について掘り下げたいな。

« 永遠に存続する企業なんて有り得ない:考え事 | トップページ | 中身の無い気がして:考え事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598224/61550647

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館で藤原国包を見た:

« 永遠に存続する企業なんて有り得ない:考え事 | トップページ | 中身の無い気がして:考え事 »

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


スポンサードリンク


無料ブログはココログ