« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月 3日 (金)

虐殺器官を観た

 どうも。キむryoです。

 映画 虐殺器官を観てきました。


 原作は同名のSF小説、作者は伊藤計劃氏。Project Itohの三部作の最後です。

 米軍特殊部隊に所属する主人公のクラヴィス・シェパードが紛争の裏で暗躍するジョン・ポールを追うという話です。
 ジョン・ポールの手がかりを求め、彼の不倫相手、ルツィアと接触するシェパード。次第に彼女に惹かれます。原作でもそうでした。ルツィアいい女。で、ジョン・ポールの追跡途中でシェパードが捕まります。そうしてジョン・ポールと会い、虐殺の文法について話されて・・・

 監督は村瀬修功氏、スタジオはマングローブ→ジェノスタジオです。村瀬氏とマングローブという布陣はErgo Proxyと同じだったので興味を持ち小説を読みました。そこから上映を楽しみにしていた作品です。

 映像が綺麗でした。拡張現実のようなSF演出もバッチリ。今作はSFなんですが、クラヴィスとジョン、ルツィアの3人の関係を描いたドラマのように感じました。ジョン・ポールとシェパードが虐殺について語り合い、そして恋敵としてルツィアを巡って争う、そんな近未来SF戦争ものを下地にした三角関係のようなものに。ジョン・ポールがPSYCHO-PASSの槙島聖護と被りました。声優一緒ですしね。もっとジョン・ポールの出番が欲しかったな。もう一度観たいと感じました。そして原作をもう一度読みたくなりました。

 書籍はこちら↓

2017年2月 2日 (木)

1/100 ガンダムグシオンリベイク

 どうも。キむryoです。

 ガンプラです。今回は1/100のグシオンリベイクです。鉄血のオルフェンズですね。頭部のデュアルアイセンサー⇆モノアイの展開や隠し腕、リアスカート等、色んなギミックが盛り込まれたガンダムです。



 
 フレーム組み立て途中


 
 フレーム完成

 フレームを組み立て、そこに装甲を組み付けていきます。


 
 本体完成です。割と華奢です。特にウエストの辺りなんて装甲が無い!


 
 墨入れしてロングレンジライフルを持たせてみました。


 
 正面から。華奢ですが…


 
 背面はボリューミー。武器を懸架できるシールドを腰にマウントしてるのと、隠し腕(サブアーム)の入ったバックパックがあるおかげで、正面から観る印象とは異なります。


 
 足首の可動域が広く(左足首に注目)、こんなポーズも取れます。

 よく動くので組み上げた後遊ぶのが楽しいですね。
 今回は組まなかったのですが、本キットはグシオンとグシオンリベイクの両方を楽しめるものです。


 
 パッケージも両方の機体が載ってますね。フレームは共通で外装だけ組み替えます。一粒で二度美味しい的な?そんなキットなのです。

 色々とポーズ取って遊びまーす^_^

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


スポンサードリンク


無料ブログはココログ