« 生き方:堀江貴文さんの著書を読んでる | トップページ | CARAVAN STORIES が気になる »

2017年6月20日 (火)

遊びが仕事になればいい

 どうも。キむryoです。

 遊びが仕事になればいいなとふと思いました。今までやっていた仕事や大変なこと、重労働は機械に任せて、遊ぶんです。好きなことに没頭するんです。大人も子供も関係なく、遊ぶ。誰もが好きなことしてイキイキとしている、そんな状態になればいいなあなんて考えてました。

 AIの登場で職が無くなるなんて話もありますね。AIに任せることは任せて、ヒトは他の仕事をすればいいと思います。機械とヒトとで仕事を分担するのです。その結果、やることが無くなっていくのならそれはそういう時代に突入したというだけで、好きなことに取り組んでみればいいんです。

 僕自身、好きなことってなんだろうな?って改めて考えてわからないでいるのが現状ですが、好きなことがはっきりと見えてくれば取り組むことが明確になります。そうしたら楽しそうです。

 未来には大人も子供も関係なく楽しそうにしている、そんな絵が広がっているといいですね。嫌々仕事をしてたり、給料が我慢料だなんて価値観は消えればいいです。遊びが仕事を塗り潰して欲しいです。

« 生き方:堀江貴文さんの著書を読んでる | トップページ | CARAVAN STORIES が気になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598224/65436645

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びが仕事になればいい:

« 生き方:堀江貴文さんの著書を読んでる | トップページ | CARAVAN STORIES が気になる »

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


スポンサードリンク


無料ブログはココログ