アニメ・コミック

2018年6月 9日 (土)

お勧めのガンダム萬画3つ

 どうも。キむryoです。

 今回はお勧めのガンダム萬画を紹介します。数は3つ。宇宙世紀から2つ、アフターコロニーから1つ紹介します。


 1.機動戦士ガンダム0083 REBELLION
 2.機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
 3.新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光

 の3本を紹介します。

  1.機動戦士ガンダム0083 REBELLION
 こちらは機動戦士ガンダム0083スターダストメモリーというOVA作品のコミカライズです。アニメをただ単にコミカライズしたわけではなく、1号機・ゼフィランサスと2号機・サイサリスの運用方法を考えると、2機を連携させるわけだから、1号機は核爆発に耐えるようチョバムアーマーを装備しているといういように新しく解釈してメカニックが緻密に描かれています。
 メカニック描写は0号機・ブロッサムのプランがあったことや、そのプランとニナが提案した1号機・ゼフィランサスのプランがコンペで闘ったという様な話がありました。その
0号機・ブロッサムの装備を1号機・ゼフィランサスが使うシーンがあり、面白いです。
 また人物描写の方ではガトーとニナが昔、付き合っていたのがわかるようになっており、ニナの反応がアニメと違います。アニメだと後付設定でガトーと付き合っていた事になってたのですが、今作では最初からそういう話なので、それを伺わせる描写があり、無理の無いストーリー展開になっています。それから08小隊のサンダースが出てきたり、アリス・ミラーが出てきたりと、ガンダムファンには嬉しい展開があります。
 作中、4号機・ガーベラが出てきます。なんと、フルバーニアンと模擬戦を行います。その最中、ジオン軍が襲撃してきて、そのドサクサに紛れてガーベラが強奪されます。勿論そこにはアナハイム・エレクトロニクスが噛んでて、ガワを取っ替えて引き渡すことになります。
 ケリィ・レズナーが生き残るしかもヴァル・ヴァロごと。なのでガトーと絡んでの活躍に期待です。
 ストーリー展開が練られていて、メカ描写が凝ってるところが本作の見どころです。

 2.機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
 こちらは同名の小説のコミカライズです。ガンダムファンの間ではとても人気の高い、ハイニューガンダムとナイチンゲールが出てきます。この2機の活躍が見られるというのはとても嬉しいですね。近年では両機ともにキット化されていますね。MGやRE/100で出てます。ナイチンゲールが欲しいですね。他にはサイコ・ドーガが出てくる所がいいですね。メカニックではハイニューガンダムのメガバズーカランチャーが描かれているのが嬉しいですね。
 小説版を丁寧に絵に落とし込んである作品です。
 ブライトが髭をはやしているのはガンダム作品の中でも少ないのではないでしょうか。ベルトーチカ、アムロ、シャア、クエス、ハサウェイなどなど登場人物たちの織りなすドラマも見どころです。シャアに連れてかれるクエスと追いかけるハサウェイ、ケーラとアストナージの恋、そしてアムロの子供と気になる所たくさんです。

 3.新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光
 こちらは新機動戦記ガンダムWのTV版にあたるストーリーをEndless Waltz版のMSデザインで新たに書き起こしたものです。他のガンダムW作品・外伝などから情報を集めているので、本作だけでガンダムWの世界を存分に堪能できます。
 メカニック描写は、カトキハジメ氏のデザインになった事で武装の減ってしまったガンダム5機に、追加装備が施されていて、プラモを改造する様な楽しみ方が出来るのがとても面白いです。デスサイズが空とんだり、ヘビーアームズがクローラー付けてたり、アルトロンの背中に武装が追加されていたり、と多種多様な装備が見られるので、そこを楽しんで頂けたらと思います。各機、追加装備で新たな個性を獲得しているので、読んでいて本当に楽しいです。
 ウイングゼロが出てくるのですが、初めはウイングプロトゼロで、その後トールギスについていた羽根を移植されてウイングゼロになります。シールド装備でネオバード形態への変形も見られました。最近のG.F.F.ではシールドも付いてる様です。
 ストーリーは大筋はTV版ですが、細かな所でオリジナルになっています。

2018年5月19日 (土)

ゴジラ観てきた

 どうも。キむryoです。

 映画 ゴジラ決戦機動増殖都市を観てきました。今回はメカゴジラが出てきてゴジラと戦うのを期待してたんですが、裏切られました。メカゴジラは出てくるには出てくるんですが、頭部のみでした。でも、ナノメタルという物質が出てきました。メカゴジラを作る為に使われていた材料だそうです。

 ナノメタルを使って対ゴジラ戦の兵器や罠などを造り出していました。ナノメタルが凄いんですね。Vultureの材料にもなっていましたし、メカゴジラシティを20000年の間に築いてました。ナノメタルが今作のキーですね。この物質が無かったら今作でゴジラを倒す算段がつけられません。この開発プラントが残っていたからゴジラを討つ事が出来ました。

 今作では、各種族ごとの価値観の違いが浮き彫りになっていました。エクシフとビルサルドという種族が出てきますが、特に今回はビルサルドの、ナノメタルとの同化も辞さないという所が印象的でした。終盤でナノメタルに取り込まれるビルサルドの仲間達がいましたが、ガルグ(CV:諏訪部順一氏)も含めて望んでやったことです。エクシフ達は神に関する重要な物体をビルサルドに頼んで修復していました。そして集会を開いてました。

 フツアの民、ミアナがハルオを助けます。このミアナは双子なんです。で、この子達はフツアの民なわけですが、二万年間生きながらえた人類の子孫にあたるのかどうか?って所が気になります。彼女達は鱗粉を纏うとの事で人間より昆虫に近いのではないかっていう描写がマーティン(CV:杉田智和氏)との会話にあります。また彼女達は神の卵を崇め守っているのですが、鱗粉とか卵とか、虫とか出てくると、モスラが彼女達の神なんじゃないか?と思うわけです。鱗粉出す虫でゴジラと来たらモスラじゃね?っていう連想です。

 終盤でナノメタルに取り込まれかけるハルオですが、ナノメタルを受け付けません。これはミアナに助けられた事、その時に鱗粉による何らかの影響があったからなのかな?と思いました。

 今回は舞台挨拶の中継を観ることが出来ました。出演者と監督のお話が聞けて良かったです。劇中シーンをスクリーンに映した状態でトークが行われたんですが、メトフィエスがハルオの匂いを嗅いでいるとか笑いを誘う話がありました。実際にはエクシフの星を滅ぼした存在を耳打ちするシーンだったわけですが。

2018年3月11日 (日)

Infini-T Force を観てきた

 どうも。キむryoです。

 バード・ゴー! 劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ を観てきました。面白かったですよ。TV版観てたので続きが気になってました。冒頭で13ヶ月前って表示されてTV版の初めに戻ったときはどうしようかと思いました。TV版観てるんだってば。序盤~導入でTV版のくだり、ケースや笑の父親の話などが一通り流れた後でいよいよ劇場版の物語に入っていきます。

 南部博士がキーマンですね。今回の世界は、科学忍者隊がギャラクターと闘っていたところ。そしてその闘いで科学忍者隊のメンバーが死んでいったという世界です。この世界では健が死んでいます。それも南部博士に殺されて。。。

 本作にはコンドルのジョーが出てきます。彼もキーマンですね。どうやらジョーは健が元いた世界のジョーの様です。彼は南部博士を殺そうとします。なぜかというと、南部博士は特異点と呼ばれるエネルギーの塊みたいなものを軍事利用しているからです。これはケースの残滓みたいなもので、いずれは消えるはずのものです。ギャラクターを殲滅するために利用し、その後もそれを消さずに利用していました。南部博士を止めようとしてこの世界の健は殺されたんです。

 南部博士対タツノコヒーローズっていう構図になるかと思います。笑が自身の力で特異点を消そうとします。

 アクションがかっこよかったです。あと、コンドルのジョー、健と光と影のように対になっていて見どころかなと。ジョーは両親を目の前で殺された事からギャラクターに憎しみを抱いて闘っています。ダークヒーローって感じですね。



 城二が分析に回って3人をサポートする場面が多かったです。最後には全員で闘っていましたが。

 個人的にはキャシャーンが好きなので、鉄也のコースターを貰えて嬉しいです。



2018年3月 4日 (日)

みちのくアニソンフェスに行ってきた

 どうも。キむryoです。

 「みちのくアニソンフェス2018~Eastern Gale」に行って来ました。今年で6回目になるらしいです。今年初めて知りました。地元宮城のイベントなのに今まで知らなかったの勿体ないです。会場は仙台GIGSという地下鉄荒井駅のすぐそばでした。

 アーティストはFLOW、中島愛、ALI PROJECT、JAM Projectの順に出演。それぞれコラボがあって感動しました。

 FLOWのDays(遠藤正明さんとコラボ)、中島愛さんの星間飛行やアナタノオト、ALI PROJECTの勇侠青春謳、聖少女領域(奥井雅美さんとコラボ)など、予習なしで行ったけど知ってる曲が出てきて楽しめました。

 特に印象に残ってるのが中島愛さんと福山芳樹さんのRemember 16アコースティックバージョンです。ランカ・リーと歌バサラのお二人ってことで、マクロスネタでコラボしてくれて凄く感動しました。

 あとシージェッター海斗が出てきましたよ。シージェッター海斗の主題歌を遠藤正明さん達が歌ってました。

 
Eastern Galeという歌を出演者全員で歌っててよかったです。とにかく熱く楽しかった。

2018年2月11日 (日)

MARSLAB閉店

 どうも。キむryoです。

 仙台Eビーズの1階にある、 MARSLABに行って来ました。

 
 今日買ってきたのは左から、チベットスナギツネ/ホワイト、Wak Up, Girls![林田藍里#03]/ネイビー、そしてソニック&オールスターレーシングTransformの3着です。どれも20%引きでお買い得でした。
 さて、こちらの MARSLABなんですが、キン肉マンを始めけものフレンズやボーカロイド、WUGなどのアニメやウルトラマンなどの特撮とSEGAのゲーム機やキャラクターとコラボしたTシャツやパーカ、スマホ用品などを扱っているお店です。最近、刀剣乱舞のTシャツが出始めてこれからの展開が楽しみになっていたのですが、残念ながら2/18で閉店となるそうです。

 店長さんが同年代で話が合うんです。今日もTシャツ選びながらモンハンワールドの話をしてきました。僕はPS4持ってないのでやってないんですが、話を聴いたらやはり面白そうだなと感じました。ソロでもいけるらしいので聴いた感じだと僕でもやれるかも?って思いました。ただ、PS4持ってないんですよね。それと昔、PSPで友達と集まってワイワイやってたので、その感じで遊びたいです。スイッチで出てくれないかな~なんて思ってます。

  MARSLABから話がそれましたね。2/18で閉店になるそうです。今、セール中です。お安くなってますので、ぜひ、お気軽にお立ち寄り下さい。普段より安く手に入りますよ。

 今日、ポイントカードを使い忘れたのと、サクラ大戦のTシャツが気になったけど買わなかったので、もう一度行きます。

2018年1月18日 (木)

ニトロプラスストア @アニメイト秋葉原

 どうも。キむryoです。

 先日、秋葉原に行った時にニトロプラスストアにて買い物して来ました。こちらはアニメイトなんですが、ニトロプラスストアとしてニトロプラスやニトロプラスキラルのグッズを扱ってました。

 刀剣乱舞のグッズが沢山ありました。アクリルフィギュアやクリアファイル、祝画などがありました。また、サンダーボルトファンタジーのグッズもありました。

 店内にはそに子ちゃんが居たので許可取って撮影しました。


 
 今回購入したのはこちら。1周年記念と2周年記念の祝画、小烏丸のクリアファイル、千子村正と陸奥守吉行のアクリルフィギュア、そして凛雪鴉のストラップです。
8k超えましたw


 
 イラストレーターさん達の刀剣男子が見られます。眺めて楽しいです。


 
 推しの陸奥守が表紙に出てるのが嬉しいです。こちらは69ページに渡ってイラストが掲載されています。

 小烏丸のクリアファイルは、複数のファイルがセットになってました。色んな小烏丸の姿が見られて楽しいですよ。

 凛雪鴉のストラップは悩んだ末に筆入れに付けました。

 アキバに行ったらニトロプラスストアに寄ってみましょう。

2017年12月 5日 (火)

ガンダムベースに行って来ました 平日に行くのがおすすめ

 どうも。キむryoです。


 ガンダムベースに行って来ました。ガンダムベースはダイバーシティの7階にあります。ガンプラをテーマにした施設です。入り口にはガンダムビルドファイターズのレイジやヤサカ・マオの等身大フィギュアが飾られていました。手には各々のガンプラを持っていました。

 また、入り口には他にも芸能人・著名人のガンプラが多く飾られていました。デザイン案を出したのか実際に組んだのかはわかりませんが、どれも個性的でかっこよかったです。

 ガンダムベースにはSTRICT-Gのショップやガンプラ販売のブース、ペインティングルームなどがあります。ガンプラを買ったらその場で組み立てて色まで塗れます。多くの作例が展示されていました。作例を眺めるだけでも楽しいです。ハイレゾリューションモデルのウイングゼロカスタムがかっこよかったです。

 ガンプラを販売している部分では、懐かしのガンプラが売られています。他ではなかなか手に入らないような旧キットが目白押しです。たとえばSDなら武神輝羅鋼や刀覇大将軍のガンプラが売られていました。リアル等身だとHGファイティングアクションのデスサイズヘルカスタムやサンドロックカスタムなどのクリアバージョンが売られていました。今回僕はサーペントカスタムのクリアバージョンとトールギスⅢを買いました。

 僕の今回のお目当ては武神輝羅鋼の天零頑駄無だったのですが、残念ながら店頭に無くて買えませんでした。獣破頑駄無とか他のはあったのですが、天零頑駄無はありませんでした。あと、HGファイティングアクションのクリアバージョンはウイングゼロカスタムだけ無かったです。

 ガンダムベース限定ガンプラの中に、アストレイブルーフレームを見つけて欲しい!と思ったのですが、こちらは売り切れていました。行くタイミングによってはお目当てのキットと出会えないかもしれません。

 ガンダムベースではガンプラが出来るまでをガンプラの原料となるペレットというプラスチックの粒を展示していたり、金型を展示していたり、ガンプラ工場(ホビーセンター)のミニチュアが展示されていたりと、ガンプラを作る様子がわかるようになっています。ホビーセンターの方々が着る制服や階級章も展示されていました。ガンプラ造りの様子がわかる展示は興味をそそられます。ペレットは触ることも出来ました。思ったよりも細かったです。

 ガンダム00が10週年ということで、ガンダムベースでも00の企画展示をしていました。年表やキャラ絵、ガンプラが飾られていました。ロックオンかっこいいです。

 施設内にウイングゼロカスタムが展示されていたのが嬉しかったです。お気に入りの機体なので。

 僕は今回、平日にガンダムベースを訪れたのであまり混んでいませんでした。平日の昼前から夕方にかけて滞在しました。夕方になるとダイバーシティを訪れる人が増えたように感じました。全く並ぶこと無くレジに行くことが出来ましたが、土日はレジがフル稼働するようになるそうです。やはり土日は混むようですね。ゆったりと楽しめるので平日に行くことをおすすめします。

2017年10月15日 (日)

ヘブンズフィール観てきた

 

どうも。キむryoです。

 劇場版のFate ステイナイト ヘブンズフィール
を観てきました。

 非常に美しい映像でした。流石はufotableだなと思いました。作画が神がかってます。戦闘シーンも迫力があって引き込まれました。

 僕は原作を知らないので事前情報はほぼ無しで見ました。その為、めまぐるしく変わる展開に翻弄されました。僕には聖杯戦争のペースが早く感じられました。アサシンが超展開。

 ヘブンズフィール編の詳細を知らないので、話に出てきた黒い何かがなんなのかわかりません。凛は虚数とかいってましたが、ピンときませんでした。ヘブンズフィールは桜ルートらしいので、これから聖杯戦争に桜が絡んでくるはず。その時にあの黒い何かが正体を現すのではないでしょうか。

 黒い何かついて少し考えてみます。あれはなんなのか?Fate/Zeroにおいて、聖杯は汚染されている事が判りました。その汚染つまりアンリマユが表に出てきたのではないかな?と思います。また、桜の魔術師としての素質が確か虚数だったはずなので、黒い何かは桜となんらかの関係があるのではないでしょうか。

 今後の聖杯戦争の行方と、桜がどう聖杯戦争に絡んでくるのか、また士郎はどんな活躍をするのか、次回が楽しみです。

2017年9月15日 (金)

HGUC シーマ専用ゲルググマリーネ

 どうも。キむryoです。

 ガンプラを作りました。今回はシーマ専用ゲルググマリーネです。海兵隊用のゲルググの指揮官機でシーマのカスタム機です。


 
 機体を白く塗りました。後、一部は黒く染めました。今回はガンダムマーカーを使って居ます。白は下地が透けてさらにムラができてしまったので次はもっと上手に塗りたいです。黒は下地が透けないものの、剥がれやすいので扱いに気を使います。


 
 少しアップ。角も黒く塗りました。


 
 左側から。ほぼ盾ですねw盾もかっこいいです。


 
 背面。プロペラントタンクとスラスターが見えます。プロペラントタンクは黒く塗りました。


 
 右側から。右腕にビームライフルをもたせて居ます。ほんとは正面に向けて構えさせたいのですが、肘の保持力が弱すぎて構えられません(泣)

 白い部分は何度も重ね塗りしました。それでも下地が透けてしまい、さらにムラが出てしまいました。次に生かしたいところ。

 ガンプラに色を塗るのが楽しいです。少し色を変えるだけでも自分オリジナルの機体になるようだから。

ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ】

2017年9月 5日 (火)

G.F.F.M.C.ウイングガンダムゼロが欲しい

 どうも。キむryoです。

 GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムゼロ (EW版)が欲しいです。でも高くて手が出ません
(。>0<。)お気に入りの機体ですし、OVAや劇場版では出てこなかったシールドやメッサーツバークがセットになっています。ネオバード形態への変形ギミックもあります。

 プレイバリューの高そうな商品ですね。主翼が複雑なパーツ構成になっていて展開出来るようになっていたりするのもポイントですね。ツバークをマウントできるようになっているのも気になります。

 設定では全高16.7m、重量8.0t、出力3732kWです。今回の商品では全高がおよそ170mmとなっています。ゼロシステム発動に伴い、機体各所が展開するギミックを持ちます。

 8/29時点で、2017年3月発送分の受付が終了しています。ウイングゼロの人気の高さが伺えますね。

 G.F.F.シリーズは手を出したことがないのですが、組み立て・彩色済みの機体で遊べる筈ですね。色々とポーズを取らせて写真撮ってみたいです。

 今月末にはハイレゾリューションモデルのウイングガンダムゼロが出るので、そちらも気になります。G.F.F.M.C.ほどではないのですが高いので手が出るかわかりません。でも欲しいですね。

ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ】

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


無料ブログはココログ

スポンサードリンク