アニメ・コミック

2017年5月31日 (水)

機甲神ロードエルガイヤー 旧キット

 どうも。キむryoです。

 プレミアムバンダイから機甲神エルガイヤーが発売されます。(受付は終了してます。)というわけで我が家に眠っていたロードエルガイヤーを引っ張り出して来ました。

 ロードエルガイヤーはSDガンダムの世界
に出てくるもので、騎士ガンダムが乗り込むものです。
 ロードエルガイヤーにはネオガンダムが乗り込みます。
 登場作品は SDガンダム外伝 機甲神伝説です。


 
 パッケージ正面です。懐かしい。持ってる武器(弓)は紛失してました。( ;´Д`)
 向かって左がロードエルガイヤーで、右がネオガンダムです。



 
 パッケージ裏面です。この武器どこやったんでしょう…


 
 正面から
 角が大きいですね。

 
 右側
 パーツ欠損してますね。


 
 背中
 羽根が付いてます。


 
 中にはネオガンダムが乗り込んでいます。頭を上げたあと、胸を開くとパーツが連動して中から出て来ます。
 新しく発売されるエルガイヤーはこのコックピット展開ギミックが見直されています。
 20年以上前のキットなので時代を感じます。それに、まだニッパーを使う事を覚えていなかった頃の作品なので作りが粗いです。ゲート跡が残ってますね。実は他にも機兵のプラモが眠っています。そのうち紹介したいな。

2017年5月30日 (火)

エンドレスワルツの好きなシーン

 どうも。キむryoです。

 新機動戦記ガンダムWエンドレスワルツの好きなシーンを語ります。僕の好きなシーンは、ヒイロと五飛が闘いながら大気圏に突入するシーンです。二人のセリフのやり取りが好きです。「五飛、トレーズはもう居ない。トレーズは、お前が倒したんだ。」、「違う、俺は、今でも奴と闘っている。」とか、「犠牲の上に成り立つ、平和という名の正義が、本当に正しいか確かめたいだけだ。」とか。有名なセリフでは、「教えてくれ五飛、俺は後何回、あの娘とあの子犬を殺せば良いんだ。」がありますね。

一瞬だけ観られるゼロの大気圏突入モードもポイントですよ。ナタクはパラシュート使ってましたね。

 闘いながら次第に大気圏に突入しだし、赤熱する機体、壊れるゼロの装甲。問答する二人。いいですねえ。ドラゴンハングに対してマシンキャノンで牽制するヒイロ、当然ものともせず攻撃してくるナタク、攻撃を受け傷つくゼロ。ゼロは次第に損傷が拡大していくんですよね。

 エンドレスワルツのゼロが僕のお気に入りなので、ゼロの見せ場であるシェルター破壊シーンをお気に入りに挙げるかというとそうでもないです。「確認する、シェルターシールドははっているな。」も好きなとこですけど、個人的には、五飛と問答しながら大気圏に突入していく流れが好きです。

 そういえば、大気圏突入と言えば、ゼロは大気圏突入モード、デスサイズヘルはアクティブクローク、サンドロック改はマント、そしてナタクはパラシュート(バリュート?)をそれぞれ使っていますが、ヘビーアームズ
だけは素のままなんですよね。武装を考えると誘爆の危険があって一番危ない気がするんですが、一体どう切り抜けてるのやら気になるところです。弾薬の信管抜いてるから平気なんですかね?

 僕のお気に入りシーンは、ヒイロと五飛が闘いながら大気圏突入するシーンです。

2017年2月 3日 (金)

虐殺器官を観た

 どうも。キむryoです。

 映画 虐殺器官を観てきました。


 原作は同名のSF小説、作者は伊藤計劃氏。Project Itohの三部作の最後です。

 米軍特殊部隊に所属する主人公のクラヴィス・シェパードが紛争の裏で暗躍するジョン・ポールを追うという話です。
 ジョン・ポールの手がかりを求め、彼の不倫相手、ルツィアと接触するシェパード。次第に彼女に惹かれます。原作でもそうでした。ルツィアいい女。で、ジョン・ポールの追跡途中でシェパードが捕まります。そうしてジョン・ポールと会い、虐殺の文法について話されて・・・

 監督は村瀬修功氏、スタジオはマングローブ→ジェノスタジオです。村瀬氏とマングローブという布陣はErgo Proxyと同じだったので興味を持ち小説を読みました。そこから上映を楽しみにしていた作品です。

 映像が綺麗でした。拡張現実のようなSF演出もバッチリ。今作はSFなんですが、クラヴィスとジョン、ルツィアの3人の関係を描いたドラマのように感じました。ジョン・ポールとシェパードが虐殺について語り合い、そして恋敵としてルツィアを巡って争う、そんな近未来SF戦争ものを下地にした三角関係のようなものに。ジョン・ポールがPSYCHO-PASSの槙島聖護と被りました。声優一緒ですしね。もっとジョン・ポールの出番が欲しかったな。もう一度観たいと感じました。そして原作をもう一度読みたくなりました。

 書籍はこちら↓

2017年2月 2日 (木)

1/100 ガンダムグシオンリベイク

 どうも。キむryoです。

 ガンプラです。今回は1/100のグシオンリベイクです。鉄血のオルフェンズですね。頭部のデュアルアイセンサー⇆モノアイの展開や隠し腕、リアスカート等、色んなギミックが盛り込まれたガンダムです。



 
 フレーム組み立て途中


 
 フレーム完成

 フレームを組み立て、そこに装甲を組み付けていきます。


 
 本体完成です。割と華奢です。特にウエストの辺りなんて装甲が無い!


 
 墨入れしてロングレンジライフルを持たせてみました。


 
 正面から。華奢ですが…


 
 背面はボリューミー。武器を懸架できるシールドを腰にマウントしてるのと、隠し腕(サブアーム)の入ったバックパックがあるおかげで、正面から観る印象とは異なります。


 
 足首の可動域が広く(左足首に注目)、こんなポーズも取れます。

 よく動くので組み上げた後遊ぶのが楽しいですね。
 今回は組まなかったのですが、本キットはグシオンとグシオンリベイクの両方を楽しめるものです。


 
 パッケージも両方の機体が載ってますね。フレームは共通で外装だけ組み替えます。一粒で二度美味しい的な?そんなキットなのです。

 色々とポーズ取って遊びまーす^_^

2017年1月 2日 (月)

HGUC シナンジュ

どうも。キむryoです。あけましておめでとうございます。

親の実家へ。作りかけだったガンプラ、HGUC 1/144シナンジュを完成させました。素組です。

本体は既にほぼ出来てました。バックパックと武器、持ち手を作りました。



本体正面
細身であり曲線を多用したフォルム



本体背面
割とすっきりしてます



バックパック
スラスターとプロペラントタンクですね。スラスターはグリグリ動きます



象徴的なシールド
今回は素手でシールを貼りましたから、少し苦労しました。



バックパックを取り付けて武器を持たせます
ハイポーズ
ビームライフルにはグレネードランチャーをつけることも出来ます。



ビームアックスを構えることも出来ます。

久しぶりにガンプラを作りました。楽しい^_^

2015年7月15日 (水)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

 先程、生放送で新作発表がありました。

 新作ガンダムの情報をざっと挙げます。

 タイトルは、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ。

 放送は10/4 から開始だそうです。毎週日曜17時から。

 主人公は民間警備会社に所属する少年、三日月・オーガス。

 主役機はガンダム バルバトス。

 火星から地球へ向かう話。

 地球には4つの勢力があり、各々ガンダムが存在する。

 本作に登場するガンダムは内部フレームが共通である。

 ガンダム バルバトスは不完全な状態で登場し、敵のパーツを奪う事で機体を作っていく。

 アニメと同時にガンプラ(1/144と1/100)、ネクスエッジ、カード、アパレルも展開。


ざっと挙げてみました。

 敵のパーツを奪う事で機体を作り上げていくとか、フレームが共通だとか、ガンプラで気軽に組み替えが出来そうな設定で楽しみです。
 メカニックデザインに大河原さんの名前が無く、海老川さんと刑部さん他の名前がありました。ガンダムのデザインが独特なので、今後、どんなメカが出てくるのか気になります。

2015年6月22日 (月)

KING SUPER LIVE 2015

 KING SUPER LIVE 2015

 の1日目に行って来ました。

 残酷な天使のテーゼに始まり。

 3人目は米倉千尋さん、嵐の中で輝いて。泣きましたよ。
 4人目が堀江由衣さん。
 第一部の最後には林原めぐみさんが歌ってくれたました。三曲とも聴いたことある(≧∇≦)
 第一部終わりのところで2時間くらい経ってました。

 第二部は陰陽座の甲賀忍法帖に始まり。
 angelaさんはアツコさんが獅子の頭を胴体にして手足素肌で出て来て、ガイキングです!と言ってて笑えました。シドニア、ファフナーEXODUSと来て明日へのブリリアントロード!

 森口博子さんが水の星へ愛を込めてと、エターナルウィンドを歌ってくれました。白いドレスを着て煌めく様は銀色ドレス。

 オオトリは水樹奈々さん。定番のeternal blaze は三曲目!黒いドレスを纏い、宙を舞う登場!にがびっくり∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 その後、コラボで宮野真守さんとangelaのカツさんと保志総一朗さんが翔べ!ガンダムを歌ってくれたり、米倉さん、松澤由実さん、森口さん、奈々様とatsukoさんがRHYTHM EMOTION を歌ってくれてとても嬉しかったです。ガンダムW20周年だもんね。o(*^▽^*)o
コラボで、ハッピーマテリアルも良かったな~

 22組の皆さんで、get a long 合唱。
 挨拶は宮野さんやカツさんが面白かったです。カツさんのジークジオン!コールw
 宮野さんはダンスがキレッキレでした。ガンダムでウルトラマンな子供達の憧れはかっこいいです。

 歌とMCと演出と色んな面で楽しめました。

 5時間コースのライブでした。ガンダム分が多かったのは個人的に嬉しいですね。

2015年5月25日 (月)

気になったガンプラ:ガンプラEXPO

 ガンプラEXPOの物販に立ち寄って来ました。SDからMGまで色々と限定品が並んでいました。


 その中で特に気になったのが、HGUCのゼータプラステスト機カラーです。ガンプラEXPO限定だそうです。MGでは既にラインナップされている本機ですが今までHGUCでは出てないのかな?と疑問に思いました。・・・そういえば見かけたこと無かった様な。。

 ゼータプラステスト機カラーといえば、カラバに居た頃にアムロが乗っていたという話で有名なあの機体です。A1型ですね。大気圏内仕様です。ガンプラ本体だけでなくパッケージも限定版らしく特別仕様の様子で、ガンプラがどこまで変形機構を再現しているのかわかりませんでした。見本が飾られていて、HGUCながら、MGと遜色ない出来栄えでした。買わずに帰ってきましたが、気になります。先にRGウイングゼロカスタムを作って、エアブラシを買って塗装して、ナイチンゲールを買って塗って・・・と予定があるのでなかなか手が出ないんです。と言いつつ、気がついたら買っていそうで怖いですが。

 また新たな見どころを見つけにガンプラEXPOに寄ります。

2015年5月22日 (金)

ガンプラEXPO

 ガンプラEXPOに立ち寄りました。今回は少し眺めて来ただけです。会期中は何度でも見に行けるので、また行きます。

 さて、展示されていたのは、静岡ホビーショーでもお目にかかった最新のガンプラと、コンテストの受賞作品、そしてHG、MG、RGなどのシリーズ別の様々なガンプラです。さらには、本イベント用に映像もありました。模型そのものだけではなく、それに関連した映像でも楽しませてくれるものでした。

 歌手の方々の考えた(実際に作ったのかは僕にはよく判りません)ガンプラは、いい色味のものがあり、個性も豊かで観てて楽しいです。

 ホビーショーに続いて、地元でじっくりとRG ASTRAYを眺める事もできてとても嬉しいです。

 積みっ放しのRGウイングゼロカスタムを早く作りたくなりました。

 なるべく平日にじっくりと展示を眺めに行きたいところです。

2015年4月 6日 (月)

劇場版 P3 #3 を観てきました※少しネタバレ

 PERSONA3 THE MOVIE -#3 Falling Down- を観てきました。

 cogito ergo sum
 I think, therefore I am.
 我思う故に我あり
 死や滅びがある中で、どう在るのか。暗くもあり、哀しくもあり、だが向き合わねばならなくなる時もある。そんな深遠な主題が連想され、楽しくもあり、哀しくもあり、そして笑いもありで凄く良かったです。
 前章から時間が空いたからか、冒頭から記憶が繋がらなくて戸惑いました。それから、僕はゲーム版で女性主人公側を知らないからか、登場人物の内何人かに?マークが出ました。違う側面から見直したいので久し振りにP3Pを起動してみたくなりました。

 ヒトは死ぬ。それは当然の事。でもなぜかヒトはそれを悲しむ。何故でしょうね?そんな葛藤を主人公たちは抱えながら足掻く。

 今回は温泉のシーンが笑えました。ほんとにww
 他は全てシリアス。そして謎の登場人物現る。この謎めいた存在がキーパーソンですかな。それから、今回の見せ場は伊織順平!!桐条先輩もですが、僕は順平を推します!!チドリいいいいい( ´;ω;`)ブワッ
 物語が大きく動き、実はあの人は・・・な展開と、そしてこれから迎える滅びへと進んでいく。。。いいところで終わるんです。続きが気になってしまいます。

 お勧めですよ、P3.

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


スポンサードリンク


無料ブログはココログ