趣味

2018年6月30日 (土)

SDガンダム クロスシルエット ナイチンゲール を買ってきた

 どうも。キむryoです。

 昨日発売のSDガンダムクロスシルエット ナイチンゲールを買ってきました。SDフレームとクロスシルエットフレームを切り替えて頭身を変えられるキットです。但しクロスシルエットフレームは別売りです。


 
 パッケージです。クロスシルエットフレーム ホワイトも買ってきました。グレーは7月発売予定だそうです。ボークスで購入しました。ボークスに行ったら初めは売り切れていたのですが、その後で入荷しまして手に入れる事ができました。タイミングが良かったです。


 
 クロスシルエットフレーム


 
 ナイチンゲールです。ボークスでお会いした他のお客さん曰く、作りやすいとのことです。楽しみです。

2018年4月30日 (月)

久し振りのボルダリング

 どうも。キむryoです。

 昨日は久し振りにボルダリングをしてきました。前腕が筋肉痛です。自分の身体を支えるだけの筋力が僕にはないので大変でした。

 ボルダリングは決まったブロックに掴まって壁を登るのですが、これが中々大変です。簡単なものならなんとか登れました。でもちょっと難しくなると全然登れません。ロッククライミングだったら割と登れたのに、ボルダリングだと登れなくて悔しいです。スタートの姿勢をとるのすら難しい事が多くて、友達が登るのを観ている時間の方が長かったです。観てるのはそれはそれで面白いんですが、やっぱり自分で登りたいです。

 ボルダリングもいいけどロッククライミングに行きたい。

2018年4月21日 (土)

ねんどろいど 数珠丸恒次

 どうも。キむryoです。

 ねんどろいどの数珠丸恒次を買ってきました。あとポーチも。


 
 ねんどろいどとポーチです。ボークスで買いました。アニメイトオンラインストアでは注文終了でした。手に入らないかと思ってたんですが店頭に並んでました。良かったです。


 
 パッケージ


 
 開封。各種パーツと表情違いの顔が2種。


 
 ねんどろいどおでかけポーチに入れて見ました。

 パーツが割と多くてポーズつけたりして飾れそうです。しばはくはポーチに入れて愛でます。

2018年4月 1日 (日)

TR-6 ウーンドウォート のプラモデル

 どうも。キむryoです。

 今回は欲しいプラモデルがありますのでそれについて紹介します。

 さて、どんなプラモデルかっていうとガンプラです。なのでガンダムのプラモデルなわけですね。その名もTR-6ガンダムウーンドウォートです。こちらは電撃ホビーマガジンでプラモと小説、その他の媒体では萬画も展開していた物語に登場する機体です。ウーンドウォートが出てくるのは物語の終盤、グリプス戦役の終わり頃です。おそらく性能ではΖガンダムに劣らないでしょう。これ一機で戦局を覆す可能性を秘めた強力な機体です。

 ウーンドウォートはTRシリーズで培ったノウハウの集大成となる機体であり、ウーンドウォートをコアユニットとして様々な装備を纏うことであらゆる戦場に適応します。ガブスレイに近い特性を持つハイゼンスレイという形態がメジャーかも知れません。Gジェネにも出てますしね。GジェネOWではハイゼンスレイⅡラーが登場してます。こちらはフルドドⅡというユニットも組み込んだ形態ですね。


 さて、今回のプラモデルではどのような形態なのか?それは、ウーンドウォート単体です。コアユニットのみです。なのでサイズとしては割と小さいです。それでもこの機体がキット化されたのは非常に嬉しいです。MA形態への変形もできるし、幅広い可動機構で色んなポーズがとれるので価値あるガンプラだと思います。一定のファンが居るので、プレミアムバンダイではなく一般販売しても十分に売れると思われます。

 今までにHGUCでヘイズルやフライルーなどがキット化されています。なのでHGUCでTRシリーズが充実してきているのは非常に嬉しいですね。欲を言えばインレやダンディライアンⅡなどもキット化して欲しい所です。

 本キットの値段は税込み1944円です。手頃な価格ですね。仕事も決まったし、届くの7月だし、数量限定らしいし、ポチろうかなと考えてます。問題は何体買うかですね。2体行っとこうかな。

 アマゾン観たらコミック版がKindleで展開されていたので気になる方はどうぞ。

ガンダムシリーズの商品ならプレミアムバンダイ】

2017年12月21日 (木)

自分だけのノートを作りました

 どうも。キむryoです。

 WATALISの中町カフェーで催された、印刷の文化に触れるというテーマのノートづくりに参加しました。

 講師は菊地充洋氏、有限会社菊信紙工所の代表取締役専務です。

 カレンダーや罫線ノート、方眼ノートなどの中から好きなものを好きな量だけ選び自分だけのノートを作りました。

 表紙や裏表紙も何種類もある中から選びます。色や柄が様々、紙質も異なります。その中から選ぶのは楽しかったです。


 
 僕が選んだのは此方、赤と金の表紙です。リングはシルバーと白を選べたのでシルバーにしました。


 
 開くと左側にカードや写真を入れられるスリットの着いた黒い紙が、そして右にはカードポケットが付くようにしてもらいました。


 
 続けて年間カレンダー


 
 月ごとのカレンダー


 
 それから最後に方眼ノートです。

 カレンダーや方眼ノートも同じ柄だけれども色合いが異なるものがあって面白かったです。
 スケジュール帳はNOLTYを買ったのでこのノートはダイアリーとして使います。

2017年12月 5日 (火)

ガンダムベースに行って来ました 平日に行くのがおすすめ

 どうも。キむryoです。


 ガンダムベースに行って来ました。ガンダムベースはダイバーシティの7階にあります。ガンプラをテーマにした施設です。入り口にはガンダムビルドファイターズのレイジやヤサカ・マオの等身大フィギュアが飾られていました。手には各々のガンプラを持っていました。

 また、入り口には他にも芸能人・著名人のガンプラが多く飾られていました。デザイン案を出したのか実際に組んだのかはわかりませんが、どれも個性的でかっこよかったです。

 ガンダムベースにはSTRICT-Gのショップやガンプラ販売のブース、ペインティングルームなどがあります。ガンプラを買ったらその場で組み立てて色まで塗れます。多くの作例が展示されていました。作例を眺めるだけでも楽しいです。ハイレゾリューションモデルのウイングゼロカスタムがかっこよかったです。

 ガンプラを販売している部分では、懐かしのガンプラが売られています。他ではなかなか手に入らないような旧キットが目白押しです。たとえばSDなら武神輝羅鋼や刀覇大将軍のガンプラが売られていました。リアル等身だとHGファイティングアクションのデスサイズヘルカスタムやサンドロックカスタムなどのクリアバージョンが売られていました。今回僕はサーペントカスタムのクリアバージョンとトールギスⅢを買いました。

 僕の今回のお目当ては武神輝羅鋼の天零頑駄無だったのですが、残念ながら店頭に無くて買えませんでした。獣破頑駄無とか他のはあったのですが、天零頑駄無はありませんでした。あと、HGファイティングアクションのクリアバージョンはウイングゼロカスタムだけ無かったです。

 ガンダムベース限定ガンプラの中に、アストレイブルーフレームを見つけて欲しい!と思ったのですが、こちらは売り切れていました。行くタイミングによってはお目当てのキットと出会えないかもしれません。

 ガンダムベースではガンプラが出来るまでをガンプラの原料となるペレットというプラスチックの粒を展示していたり、金型を展示していたり、ガンプラ工場(ホビーセンター)のミニチュアが展示されていたりと、ガンプラを作る様子がわかるようになっています。ホビーセンターの方々が着る制服や階級章も展示されていました。ガンプラ造りの様子がわかる展示は興味をそそられます。ペレットは触ることも出来ました。思ったよりも細かったです。

 ガンダム00が10週年ということで、ガンダムベースでも00の企画展示をしていました。年表やキャラ絵、ガンプラが飾られていました。ロックオンかっこいいです。

 施設内にウイングゼロカスタムが展示されていたのが嬉しかったです。お気に入りの機体なので。

 僕は今回、平日にガンダムベースを訪れたのであまり混んでいませんでした。平日の昼前から夕方にかけて滞在しました。夕方になるとダイバーシティを訪れる人が増えたように感じました。全く並ぶこと無くレジに行くことが出来ましたが、土日はレジがフル稼働するようになるそうです。やはり土日は混むようですね。ゆったりと楽しめるので平日に行くことをおすすめします。

2017年7月28日 (金)

HGUC 203 Ζガンダム

 どうも。キむryoです。

 HGUC203 Ζガンダムを作りました。


 
 四つの袋に分かれてます。


 
 頭と胴体です。


 
 上半身と片脚です。


 
 腰です。


 
 本体正面です。


 
 本体背面です。割とすっきりしてます。
 

 
 色を塗りました。


 
 ファレホを使いました。乾くのが早いです。

 
 バックパック取り付けて完成です。

 今回は色塗りにファレホを使いました。乾くのが早いのでさくさく作業が進みます。臭いが殆ど無いので家族から苦情が出ません。

 本キットは差し替えでウエィブライダー形態を再現しています。次にあげられればいいな。

 というわけで、HGUCΖガンダムでした。

2017年5月31日 (水)

機甲神ロードエルガイヤー 旧キット

 どうも。キむryoです。

 プレミアムバンダイから機甲神エルガイヤーが発売されます。(受付は終了してます。)というわけで我が家に眠っていたロードエルガイヤーを引っ張り出して来ました。

 ロードエルガイヤーはSDガンダムの世界
に出てくるもので、騎士ガンダムが乗り込むものです。
 ロードエルガイヤーにはネオガンダムが乗り込みます。
 登場作品は SDガンダム外伝 機甲神伝説です。


 
 パッケージ正面です。懐かしい。持ってる武器(弓)は紛失してました。( ;´Д`)
 向かって左がロードエルガイヤーで、右がネオガンダムです。



 
 パッケージ裏面です。この武器どこやったんでしょう…


 
 正面から
 角が大きいですね。

 
 右側
 パーツ欠損してますね。


 
 背中
 羽根が付いてます。


 
 中にはネオガンダムが乗り込んでいます。頭を上げたあと、胸を開くとパーツが連動して中から出て来ます。
 新しく発売されるエルガイヤーはこのコックピット展開ギミックが見直されています。
 20年以上前のキットなので時代を感じます。それに、まだニッパーを使う事を覚えていなかった頃の作品なので作りが粗いです。ゲート跡が残ってますね。実は他にも機兵のプラモが眠っています。そのうち紹介したいな。

2017年2月 2日 (木)

1/100 ガンダムグシオンリベイク

 どうも。キむryoです。

 ガンプラです。今回は1/100のグシオンリベイクです。鉄血のオルフェンズですね。頭部のデュアルアイセンサー⇆モノアイの展開や隠し腕、リアスカート等、色んなギミックが盛り込まれたガンダムです。



 
 フレーム組み立て途中


 
 フレーム完成

 フレームを組み立て、そこに装甲を組み付けていきます。


 
 本体完成です。割と華奢です。特にウエストの辺りなんて装甲が無い!


 
 墨入れしてロングレンジライフルを持たせてみました。


 
 正面から。華奢ですが…


 
 背面はボリューミー。武器を懸架できるシールドを腰にマウントしてるのと、隠し腕(サブアーム)の入ったバックパックがあるおかげで、正面から観る印象とは異なります。


 
 足首の可動域が広く(左足首に注目)、こんなポーズも取れます。

 よく動くので組み上げた後遊ぶのが楽しいですね。
 今回は組まなかったのですが、本キットはグシオンとグシオンリベイクの両方を楽しめるものです。


 
 パッケージも両方の機体が載ってますね。フレームは共通で外装だけ組み替えます。一粒で二度美味しい的な?そんなキットなのです。

 色々とポーズ取って遊びまーす^_^

2017年1月 2日 (月)

HGUC シナンジュ

どうも。キむryoです。あけましておめでとうございます。

親の実家へ。作りかけだったガンプラ、HGUC 1/144シナンジュを完成させました。素組です。

本体は既にほぼ出来てました。バックパックと武器、持ち手を作りました。



本体正面
細身であり曲線を多用したフォルム



本体背面
割とすっきりしてます



バックパック
スラスターとプロペラントタンクですね。スラスターはグリグリ動きます



象徴的なシールド
今回は素手でシールを貼りましたから、少し苦労しました。



バックパックを取り付けて武器を持たせます
ハイポーズ
ビームライフルにはグレネードランチャーをつけることも出来ます。



ビームアックスを構えることも出来ます。

久しぶりにガンプラを作りました。楽しい^_^

スポンサード リンク


紅霊


ブクログ本棚


無料ブログはココログ

スポンサードリンク